制服・沿革・校歌

熱田高校の制服

創立50周年記念モニュメント

モニュメント

モニュメントの制作に寄せて

小櫻 謙(本校旧職員)

 このモニュメントは、50周年の記念碑として1年後の2003年に石彫で完成される。
 デザインは“Ace”と“Atuta”の頭文字を基本構造とした。“A”は“人”という字に似ている。人は、ひとりだけでなく、それぞれが支えあって生きているものだという形にも見える。支えの一方は半世紀にわたる本校の歴史と伝統であり、もう一方は保護者や教職員ということになる。真中の玉は、それらに抱かれ育まれる本校の生徒自身を表している。この玉は、まだ磨き切れていないが“エース”となるべき宝玉である。こんな“想”を込めてデザインした。

熱田高校創立50周年記念誌より(2002年11月)


熱田高校のあゆみ(略年譜)

昭和28年
1953
愛知県立熱田高等学校 開校
小学区制(日比野・宮・沢上の3連区)
普通科2学級、家庭科1学級 募集
昭和29年
1954
家庭課程募集停止、普通科3学級 募集
昭和30年
1955
普通科5学級 募集
昭和31年
1956
小学区制の廃止
文化祭にて、天文台開き
昭和33年
1958
サッカー部 全国大会初出場
昭和34年
1959
普通科7学級 募集
講堂(体育館)竣工
伊勢湾台風により、学校罹災
昭和38年
1963
普通科10学級 募集
昭和39年
1964
普通科11学級 募集
図書館 竣工
昭和40年
1965
普通科10学級 募集
定時制課程 開設、普通科1学級 募集
「熱田賞」設定
昭和42年
1967
プール 竣工
昭和43年
1968
定時制課程普通科2学級 募集
武道場ならびに視聴覚室・音楽室 竣工
昭和44年
1969
給食室 竣工
昭和38年
1973
公立高等学校入試における学校群制度 実施
9群(熱田-惟信)、10群(熱田-瑞陵)
昭和49年
1974
サッカー部 全国大会出場(以降、3年連続出場)
昭和56年
1981
新体育館 竣工
吹奏楽部 「愛知県芸術文化選奨」受賞
平成元年
1989
公立高等学校入試における複合選抜制 実施
尾張1群Aグループ
平成15年
2002
「完全週5日制」の実施

創立50周年記念式典 挙行
(主な記念事業)
・記念講演「ニュースキャスターという仕事」
 テレビ朝日ニュースキャスター 渡辺宜嗣氏(18回生)
・記念公演:向井滋春ジャズバンド(12回生)
・大韓民国馬山工業高等学校とのサッカー交歓試合
・記念モニュメント「ACE(英素)」小櫻 謙氏 制作
平成16年
2004)
全日制課程普通科 27学級
定時制課程普通科  4学級
平成17年
2005
全日制課程普通科 26学級
定時制課程普通科  4学級
平成18年
2006
全日制課程普通科 25学級
定時制課程普通科  4学級
平成19年
2007
全日制課程普通科 24学級
定時制課程普通科  4学級
平成21年
2009
全日制課程普通科 25学級
定時制課程普通科  4学級
平成22年
2010
全日制課程普通科 26学級
定時制課程普通科  4学級
平成24年
2012
全日制課程普通科 25学級
定時制課程普通科  4学級

創立60周年記念式典 挙行
(記念講演講師)
・日本IBM会長 橋本孝之氏(第18回生)
・横浜市立大学木原生物研究所教授 坂智広氏(第26回生)
・宇宙航空研究開発機構(JAXA)教授 松永三郎氏(第26回生)
平成25年
2013
全日制課程普通科 24学級
定時制課程普通科  4学級
平成26年
2014
全日制課程普通科 25学級
定時制課程普通科  4学級
平成28年
2016
全日制課程普通科 25学級
定時制課程普通科  5学級

愛知県立熱田高校 校歌

熱田高等学校校歌 荻原井泉水 作詞  團伊玖磨 作曲
一、
光あり
海広く 雲ひらけ
和やかに 朝至る
あかねさす 熱田なる
若人の望みなり
二、
績あり
日に月に 励みつつ
國土を 創りゆく
おほらけき 尾張野の
若人の力なり
三、
緑あり
千年経て 風かをる
すこやかさ 草や木や
森清き 熱田なる
若人の命なり
校歌ピアノ

作詞・作曲者紹介

□荻原井泉水(1884〜1976):日本の俳人。有名な句集に『原泉』『長流』などがある。
□團伊玖磨(1924〜2001):日本の作曲家。日本を代表するクラシック音楽の作曲家の一人である。有名な曲に、童謡『ぞうさん』『はる』『ラジオ体操第2』などがある。