1. Home>
  2. その他>
  3. 災害時の対応

災害時の対応

台風時の授業規定(生徒手帳P26参照)
登校する以前に暴風警報が発表されている場合
(1) 始業時刻(8時35分)の2時間前までに暴風警報(尾張東部)が解除された場合には、平常通り授業を行う。
 なお、居住地の市町村に暴風警報が発表されている生徒は、登校しない。
(2) 始業時間開始2時間前より午前11時までに暴風警報が解除された場合には、解除後2時間を経てから授業を始める。
 なお、居住地の市町村に暴風警報が発表されている生徒は、登校しない。
(3) 午前11時を過ぎてのち暴風警報が解除されるか、または引き続き解除されない場合は、当日の授業を中止する。


地震5強以上の地震が発生した緊急時の対応について(生徒手帳P25参照)

1.地震5強以上の地震が発生した場合等は、授業は行わない。

(1)在宅時は登校しない。

(2)登下校時は原則として帰宅する。(ただし、状況によっては学校又は最寄りの避難地に避難する。)

(3)登校後は学校の指示に従い速やかに下校する。

2.学校の再開は、きずなネット等で連絡をする。ただし、交通機関・通信手段の途絶などにより登校できない場合は、安全が確認できるまで登校しなくてもよい。

3.学校への連絡について
緊急時は必ず学校へ被災状況等を連絡する。又学校の再開についても連絡をとること。その際は、災害用伝言ダイヤルを使用すること。


特別警報発表時の授業規程(生徒手帳P27参照)
特別警報は、数十年に一度の大雨、強度の台風、積雪等、大規模な災害の発生が切迫していることが予想される場合に発表される。
『ただちに命を守る行動をとる』ことを原則として行動する。

1.登校以前に、特別警報が発表されている場合

(1)登校しない。

(2)特別警報解除後も災害の状況・交通機関・通学路の状況等に係る情報収集に努め、安全に登校できると判断できるまでは登校しない。

(3)解除後の授業の開始については、学校から連絡する。

2.登校後、特別警報が発表された場合

(1)即刻、授業を中止する。災害の状況及び気象・交通機関・通学路の状況等に係る情報収集に努め、生命及び安全を確保する最善の対応(速やかな下校、外部の避難場所への移動、学校での安全確保)を迅速に行う。

(2)特別警報解除後も災害の状況・交通機関・通学路の状況等から帰宅が困難と認められる場合、該当生徒は、校内において安全を確保し、安全に下校できると判断できるまで下校しない。(保護者と帰宅できる場合はともに帰宅)